妊娠中 肌荒れ

妊娠中 肌荒れ (妊娠中に肌荒れしやすい理由)

妊娠したことを喜んでるのもつかの間・・・妊娠中になんか肌が荒れる気がする。
それも吹き出物もいっぱい・・・
妊娠中の肌荒れには実は原因があります。

妊娠中に肌が荒れる3つの原因!

1妊娠ホルモンの影響
2乾燥が原因
3ストレスの影響

妊娠ホルモンの影響
妊娠すると妊娠ホルモンが急に増えます。おもにプロゲステロン黄体ホルモンとエストロゲン卵胞ホルモンが増加します。この
プロゲステロンは皮脂の分泌を過剰にし、新陳代謝を滞らせる作用があるので、妊娠中は肌が荒れて、吹き出物が出来やすくなると考えられます。

乾燥が原因
妊娠中はホルモンの影響で、皮膚が乾燥します。
乾燥がひどくなると、かゆみも強くなってきます。かゆみがひどくなると、かいたりして傷や炎症が起き肌荒れになってしまいます。
この妊娠中のかゆみはお風呂に入った時や布団に入った時に体が温まるとかゆくなりやすいのが特徴です。
これらのかゆみの症状が出産まで続くことがあり、妊娠掻痒症という病名もあります。妊娠した女性の2~3%にみられる症状です。

ストレスが原因
忙しい日々の中で妊娠するとより体や心に負担がかかり、ストレスを感じてしまいます。このストレスも実は肌荒れの原因の一つです。ストレスを感じると交感神経が刺激されます。交感神経は刺激されると過剰に皮脂を分泌する働きがあります。このストレスによる皮脂の過剰分泌も肌荒れの原因なのです。
妊娠中は特に今までのように体が動かなかったり、出産への不安、生活の変化など多くの心身的ストレスも加わるのでいっそうストレスによる肌荒れを感じやすくなると言えます。

妊娠中の肌荒れ対策
妊娠中の肌荒れは主にホルモンバランスとストレスが原因です。
ストレスをためないようになるべく体をリラックスしてゆったりと過ごすように心がけましょう。
そしてホルモンバランスによる肌荒れには専用の化粧品を使ってケアをするのも効果的です。

妊娠中の肌荒れに効果的なケアとは?

あわせて読みたい関連記事

妊娠中 肌荒れ はコメントを受け付けていません。 妊婦肌荒れ