妊娠初期ニキビ場所

妊娠初期ニキビ場所(妊娠初期ニキビの場所はどこにできるの?)

妊娠したかな?妊娠するとニキビができるっていうけどどの辺にできるの?
妊娠したかしないか、初期のころは特に実感が持てないので確認したくなりますよね。

まず妊娠するとニキビがなぜできるのか説明します。

妊娠すると体が変わり始め、妊娠ホルモンを分泌し始めます。
この妊娠ホルモンは主に2種類あり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

エストロゲンは女性らしい丸みの帯びた身体を形成したり、髪の毛の質やツヤを向上したり、骨量を増加させ骨を強くしたり、コレステロールの代謝改善を行ったり、妊娠や出産に適した身体にする“女性らしくするホルモン”です。

プロゲステロンは妊娠をスムーズに経過させ、胎児を守るための役割を果たす“妊娠のホルモン”です。
ただこのプロゲステロンは男性ホルモンと似た働きがあり過剰にこのホルモンが増えると肌荒れやニキビの原因になります。

妊娠初期のニキビの場所は、男性の髭が生えるあたりが多い
妊娠初期はこのプロゲステロンが過剰に増えるためニキビができやすくなります。
男性ホルモンと似た働きがあるため男性の髭が生えるあたりの皮脂分泌が増えます。

そのため、鼻の下、ほっぺた、あご、首など顔周り中心にニキビができやすくなると
かんがえられます。

あわせて読みたい関連記事