妊婦肌荒れ対策

(妊婦の肌荒れ対策にはこれが効く)

妊婦になって嫌に肌が荒れる・・・
妊娠前はトラブル知らずだったのに・・

妊婦さんはなぜ肌が荒れやすいのでしょうか?

主な原因を3つ紹介します。

1妊娠ホルモンの影響で肌荒れしやすい
2ホルモンの影響で、皮膚が乾燥する
3妊娠のストレスによるもの

妊娠ホルモンの影響で肌荒れしやすい
妊娠時の女性ホルモンは主に2種類あり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がありますプロゲステロンは男性ホルモンと似た働きをもっていて、皮脂の分泌を活発にします。妊娠すると、プロゲステロンの分泌が維持されるため、ニキビができやすくなるのです。妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、男性ホルモンのバランスが高くなるため、皮脂分泌が活発になりニキビができやすい状態となるのです。

ホルモンの影響で、皮膚が乾燥する
乾燥がひどくなると、かゆみも強くなってきます。この妊娠中のかゆみはお風呂に入った時や布団に入った時に体が温まるとかゆくなりやすいのが特徴です。

これらのかゆみの症状が出産まで続くことがあり、妊娠掻痒症という病名もあります。
妊娠した女性の2~3%にみられるそうです。
対策としは、かゆみをとめる内服薬やクリームで症状を抑えます。また、 体を清潔に保ち、刺激性の少ない洋服を着ることや入浴後などに保湿力の高いクリームでケアをすると良いそうです。

妊娠のストレスによるもの
妊娠中は食べ物のバランスが崩れることが良くあり、同時に大きなストレスを抱えがちです。このストレスも肌荒れの原因になっています。

ホルモンバランスが必要以上に崩れないよう、ストレスがかからないように環境作りをすること、食事のバランスを整えて、皮脂成分の変化をおこさないようにすることなどが有効です。当然、お肌を清潔に潤い豊かな保湿を行うこと、睡眠をとることも重要です。それでも、妊娠中はどうしてもストレスが多いものです

(妊婦の肌荒れ対策にはこれが効く)

妊婦になって嫌に肌が荒れる・・・
妊娠前はトラブル知らずだったのに・・

妊婦さんはなぜ肌が荒れやすいのでしょうか?

主な原因を3つ紹介します。

1妊娠ホルモンの影響で肌荒れしやすい
2ホルモンの影響で、皮膚が乾燥する
3妊娠のストレスによるもの

妊娠ホルモンの影響で肌荒れしやすい
妊娠時の女性ホルモンは主に2種類あり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がありますプロゲステロンは男性ホルモンと似た働きをもっていて、皮脂の分泌を活発にします。妊娠すると、プロゲステロンの分泌が維持されるため、ニキビができやすくなるのです。妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、男性ホルモンのバランスが高くなるため、皮脂分泌が活発になりニキビができやすい状態となるのです。

ホルモンの影響で、皮膚が乾燥する
乾燥がひどくなると、かゆみも強くなってきます。この妊娠中のかゆみはお風呂に入った時や布団に入った時に体が温まるとかゆくなりやすいのが特徴です。

これらのかゆみの症状が出産まで続くことがあり、妊娠掻痒症という病名もあります。
妊娠した女性の2~3%にみられるそうです。
対策としは、かゆみをとめる内服薬やクリームで症状を抑えます。また、 体を清潔に保ち、刺激性の少ない洋服を着ることや入浴後などに保湿力の高いクリームでケアをすると良いそうです。

妊娠のストレスによるもの
妊娠中は食べ物のバランスが崩れることが良くあり、同時に大きなストレスを抱えがちです。このストレスも肌荒れの原因になっています。

ホルモンバランスが必要以上に崩れないよう、ストレスがかからないように環境作りをすること、食事のバランスを整えて、皮脂成分の変化をおこさないようにすることなどが有効です。当然、お肌を清潔に潤い豊かな保湿を行うこと、睡眠をとることも重要です。それでも、妊娠中はどうしてもストレスが多いものです

あわせて読みたい関連記事